コーセーコスメトロジー奨励賞

表彰の趣旨

本財団の創立30周年にあたる2020年、新たに「コーセーコスメトロジー奨励賞」を創設しました。

本賞は、本財団の研究助成採択者の中から、論文発表を通してコスメトロジー研究の発展に功績があった研究者を表彰することにより、更なる研究の進展を期待するとともに、これをインセンティブとして、コスメトロジー研究の学術論文による成果公表を奨励し、研究成果の社会還元を促進することを目的とするものです。

その初回となる本年度は、30周年記念事業として、財団が設立された1990年から2017年までに助成を受けられた研究者の中から、論文実績を調査してコスメトロジーの発展に顕著な功績があると認められた研究者を表彰します。

来年度以降は、継続事業として、2018年以降新たに助成を受けられた研究者から、本財団の助成を受けた研究課題に関する論文の提出を受けて、毎年の最優秀者を表彰してまいります。

財団創立30周年記念 コーセーコスメトロジー奨励賞受賞者(2020年) 
受賞者 所 属
阿部 正彦 東京理科大学研究推進機構総合研究院 教授
石原 一彦 東京大学大学院工学系研究科マテリアル工学専攻 教授
片岡 一則 公益財団法人川崎市産業振興財団 ナノ医療イノベーションセンター センター長、
東京大学名誉教授